ドコモのスマホを持っているため、ドコモポイントを貯めることを理由にdカードゴールドと言うドコモのクレジットカードを作りました。実はこのカード、年会費は1万円かかってしまいますが、それ以上の特典がすごいんです。このカードを持っているだけで、海外や国内旅行保険も付帯されてきますし、国内の空港ラウンジも無料で利用出来るようになります。スマホの支払いをdカードゴールドにすると、黙っていても、支払いに対するポイントが貯まっていきますし、貯まったポイントはドコモの携帯アクセサリーや携帯電話代、ローソンでショッピングなどとして利用することもできちゃいます。ガス代や電気代などもdカード払いに設定して置くと、知らず知らずのうちにポイントが貯まっていて、ショッピングに利用できるので、とても便利です。

仕事でETCを利用せざるを得ない配置転換になったため、初めてのクレジットカードはETC付きのものを持つことになりました。当初は他での利用をあまり考慮していなくて年会費無料で車周りのことで何かちょっとよいサービスが付与されていればいいくらいに思っていて、正直そんなにカード会社を厳選して作ってわけではありません。でも、使っていくうちに本来の目的とは別に様々な支払いで利用することの便利さを感じたから、もっと暮らしに身近なクレジットカードをもう一枚作ってみようと思います。食料品を買うときに行く大型店舗でよくクレジットカードの入会案内をしていることを思い出したので、そこで入会申請することを考えています。気になってホームページを確認してみると、買い物するだけでお得なサービスが自動で受けられるとあったので今から楽しみです。

父親のクレジットカードの利用についてご紹介したいと思います。もともと、父親はクレジットカードを使う方ではありませんでした。ところが自分のステータスと言うことでブラックカードを使うようになってからその使い方に変化が見られるようになりました。母親や私たちと食事に行く時も必ずクレジットカードで支払いをするようになったのです。本人はポイントが付与されることなどあまり気にしてはいませんが、支払いにクレジットカードを提示することが非常にステータスを感じているようです。そして1年に1度カードの特典としていて金額の食事券が買い物券が送られてくるのですかそれを母親と一緒に使うことが1番の楽しみとしてクレジットカードの利用を続けています。

クレジットカードの利便性に触れてしまうと、現金で支払う行為が馬鹿馬鹿しくなってしまいますよね。私はもともと現金での支払いが主だったのですが、ひょんなことからクレジットカード払いを始めてからはその利便性に一気に魅了をされてしまいましたよ。何と言っても、クレジットカードは楽なんですよね。いちいち財布の中にいくら入っているのか気にしなくて良いですし、お釣りで財布がパンパンに膨らむ心配もありません。あのパンパンに膨らんだ財布って、結構不格好で嫌なんですよね。財布くらいはスマートでいたいなと思うのです。そして、クレジットカードを使うようになってからは確実に銀行へ行く回数も減りました。何故なら現金が必要なくなりましたからね。このストレスや手間からも解放されましたので、今は本当に楽しく買い物をすることが出来ていますよ。まだクレジットカードを持っていない人は、絶対に作った方が良いと思いますね。

中高年の方の中には、“現金派”の人はまだまだ多いようです。クレジットカードは、日本においてはまだまだ普段使いする人は少ないような気がします。スーパーやドラッグストアなどの支払いでクレジットカードを使う人は、あまり見かけません。でも、どんどん使っていくべきです。現金ではなくカードで支払いをしていくべきです。なぜか。クレジットカードは、使えば使うほどお得だからです。ポイントやマイルが貯まったり、カードの付帯サービスが受けられたり、海外旅行の保険が付いてきたり。これらは現金派の人たちには受けられないカードの恩恵です。さぁ、明日から。あなたも毎日の買い物のの支払いに、クレジットカードを使ってみてはいかがでしょうか。

現在ではクレジットカードは世界中で広く使われています。その中にはクレジットカードを持たない人も当然います。彼らはなぜクレジットカードを持たないのか少しその心情を考察してみました。まず第1に持つのが『怖い』からだそうです。実際に持ってしまえば越したことはないですが、クレジットカードの魅力にハマってしまいその結果、自己破産をしまうことを恐れているのです。第2に、万が一盗まれたりしたら困るからです。そうなるとクレジットカード会社に利用停止に関して電話をしなければならないし、色々と手続きが面倒だからなのです。他にも細かな理由は各々ありますが、大まかな理由が上の2大要素なのです。マイナス面が大きいのなら、最初から作らなければいいと言う考え方が生まれるのも当然なわけで、それがクレジットカードを作らない人の理由の大きな根幹となっているのです。

クレジットカードを作るとき気になるのが年会費の有無です。今は年会費の無いカードも増えましたし年間~円以上のご利用で年会費無料など実質年会費のかからないカードも多くあります。それでも年会費のかかるクレジットカードは存在しますよね。ステイタスや付随サービスが充実しているからでしょうか。友人の話なのですが、初年度は年会費無料だったけど次年度から年会費がとられるので、カードを解約しようとカード会社に電話をしたそうです。正直に「年会費がかかるので」と理由を伝えたら少し待たされた後「~様は大変ご利用頂いているので次年度も無料にしますがいかがでしょうか?」と言われたそうです。そんなこともあるんだな~と思いつつ私はやっぱり年会費のかからないクレジットカードしか作らないな…と思いました。

多くのカード会社がクレジットカード入会時にポイントプレゼント等の特典を用意しています。その中でもテレビCM等の影響で最も有名なものが楽天カードではないでしょうか。私もテレビCMを見てプレゼントされるポイントが多くなるキャンペーン期間に楽天カードを作りました。しかし注意しなければいけないのは、そのテレビCMで宣伝しているポイントは、自動的に貰える新規入会ポイントと、キャンペーン登録で貰えるポイント、カード利用で貰えるポイントの合計であるという事です。このポイントの仕組みを理解していなかったため、私はキャンペーン登録によるポイントを貰い損ねてしまいました。カード入会は一つのクレジットカードにつき一回しかないので、しっかりと調べてお得に入会しましょう。

私は三井住友カードのプラチナカードを持っています。プラチナカードは最高位のカードではありますが、十分な貯蓄と安定した収入があるなら比較的簡単に作ることができました。プラチナカードの良い所はその年会費の高さに付随する特別な付帯サービスにあると思います。三井住友ビザならばVISAのプラチナ会員としてのサービスが受けられ、コンシェルジュを使うこともできます。また有名なゴルフ場の予約もコンシェルジュを通して取ることができて急なプレー予定が入っても電話一つで対応してもらえました。また半年に一度プラチナカード会員向けの冊子が送られてきて、高級料理店で一人分のコース代金で二人分の料理の提供を受けられる特典もありました。

クレジットカードには有効期限があり、期限が切れているカードは決済に利用することが出来なくなります。自分の持っているクレジットカードと他の人のカードを比較する機会はあまりないので有効期限の比較をしたことがある人も少ないと思いますが、クレジットカードの有効期限の長さには人によって違いがあるケースも少なくありません。一般的には、概ね発行時から4、5年ほどの有効期限になっている傾向が強いそうです。しかし、クレジットカードの有効期限は審査の結果によって異なってきます。信用が厚い人は有効期限も長くなりますが、反対に信用が薄い利用者の場合、有効期限も短くなってしまうのです。初めてクレジットカードを持つ方は、クレジットカードの使用実績が少ないので有効期限も短くなりやすい傾向があると言えます。しかし使用実績を作っておけばカードの更新時により長い有効期限が設けられるようになるので、有効期限が短い場合でも信用が少ないのだと悲観する必要はありません。