クレジットカードのポイントを貯める方法として有効なのはなるべくたくさんの場面でクレジットカードを利用することですが、近頃はクレジットカードが使用できる場面、場所がずいぶん増えてきたように感じます。特に、クレジットカードの特性としてサインが必要であったために、小額決済の場合に利用しにくいという事情がありましたが、かなり店舗で1万円以下の少額決済の場合にはサインが必要でないいわゆるサインレスの店舗が増えてきたことはクレジットカードのポイントと早く貯めるために非常の有効な変化と言えるでしょう。税金や公共料金などのクレジットカードで支払いができることが増えてきましたので、これも極力利用すべきなのはいうまでもありません。

日用品や文具そしてギフト商品を購入するのにロフトという大きな雑貨店をよく利用しているのですが、テーブルなど高額商品の買い物をすることもあるのでクレジットカードを作ることにしました。欲しかった商品のキャンペーン期間がその日で終了してしまいますし、クレジットカードで購入することにより通常価格から割引をしてもらえる特典もあったので、即日クレジットカードを発行してもらう必要がありました。午前中にインターネットで申し込みをすると、すぐにスタッフの方から電話がかかってきました。その後、審査結果のメールが届きカードの発行手続きが整ったという内容でしたので、セゾンカウンターへ本人確認書類や届出印などを持ってクレジットカードを受け取りに行きました。そしてロフトへ立ち寄って以前から目をつけていた家具を、キャンペーン価格からさらに割引してもらう形で購入できたので良かったです。

このごろでは、電話や電気料金といった公共料金の支払いにクレジットカードを利用できるようになりました。我が家でも、携帯電話の料金と電気料金は、夫のクレジットカードを利用して支払っています。そして、その分お得にポイントをためるようにしています。こういった場面でクレジットカードを利用できるようになったことは便利なことだなあと思っています。毎月発生する固定料金をクレジットカードで支払うようにすれば、ポイントがたまるのも早いと考えられます。保険や水道料金については、まだクレジットカードでの支払いはしていません。しかし、こういったものについても、支払方法を変更して、クレジットカードで支払うようにすれば、もっとお得かなあと思っています。

クレジットカードの利用の中で、一番陥り易いのが、返済方式を「リボ払い」にしての購入だと思います。大きな金額の商品を、毎月少しづつ、少額で返済出来るので、安易に利用される方も多いのではないでしょうか。カード会社によっては、「いつでもリボ宣言」なるキャンペーンで、リボ払い専用のカードにすることで、ポイントをプレゼントするといったことから、リボ払い専用にしてしまった方も多いでしょう。しかし、この少額の返済であるリボ払いの為に、なかなか利用残高が減らず、また重ねるように残高が積み上がっていき易い状況となってしまうスパイラルの罠に陥り易いのです。他の、回数払いや、ボーナス払いと異なり、リボ払いには高い利息(リボ払い手数料)が掛かります。多くは15%ほどです。利息15%というと、カードローンの利息に近いものです。本来は、計画的に十分注意して利用すべきなものが、クレジットカードのリボ払いです。

クレジットカードはとても便利です。現金を下ろしに行く時間が無くて、財布に現金が少ししかなくても買い物ができるので助かります。海外に行くときもカードがあれば大体のところで使えるので便利です。買い物だけでなく、電車などに乗ることができるのでとても助かります。でも、カード情報を悪用されないか不安はあります。自分に合ったカードがどれかも分からず、ネットで調べても本当のことが書いてあるのか怪しいので使い方で損をしている気がします。簡単に使えてしまうので実際のお金を使っている実感がなく、思ってた以上に使っていることもあるので怖いこともあります。また、カードの柄がかわいいものが少なく残念です。カードを作るときに、マスターカードやVISAなど選択できるだけじゃなく、柄もいくつかの種類から選べると楽しいと思います。

非常に不思議なことですが、コンビニではどこでも大抵クレジットカードを使用することが出来ますが、スーパーは大手スーパーはクレジットカードを使えても中小のスーパーは使用できない傾向があります。最もレジに導入しているかどうかなんだと思いますが、サンティや業務スーパーもいい加減クレジットカードを使えるようになってもいいのではないかと思ってしまいます。私は食料品や日雑はそのどちらかで購入することが多く残念ながらクレジットカードは使用できません。基本的に支払いはクレジットカードが使える所はコンビニで100円の買い物でも私は使用します。あと最もポイントが貯まるのは我が家の場合は家電製品だと言えます。クレジットカードと家電量販店のポイントカードでポイントのダブル取りです。家電は特に金額が高くなるケースが多いので、これは大きいなと思います。

私は日頃あまり現金を持ち歩かず、買い物をする時は電子マネーやクレジットカードで支払いをしています。お給料が出たら少しだけ現金を下ろしますが、ほとんど使いません。クレジットカードで支払うと明細を見て買い物の内容もわかるし、カードのポイントもつくので節約になります。私が利用しているクレジットカードのポイントは、インターネットでの買い物で利用できるので、そのポイントで化粧品や日用品を買うようにしています。毎月ポイントが2000円ぐらいつくので、必要な物を買う時のたしにしています。クレジットカードは賢く使えばとてもお得だと思います。これからもクレジットカードでの買い物は続けますが、無駄使いをしないように気をつけたいと思っています。

全くクレジットカードを作ることを考えていなかったのですが、新たに始めたバイト先での給料の受け取り方法に関して、指定された銀行があり、その口座が必要になったので、そこの銀行にいくことになりました。それはみずほ銀行という大手ですが、口座を作ろうとしたところ、給料が振り込まれるということであればクレジットカードを作るのはどうかという提案を受け、作ってもらうことになったのです。全く頭には無かったのですが、銀行から薦められるということは審査を通過できるのだろうということで無事にみずほ銀行のクレジットカードを手に入れることができました。年会費無料なので持っていて損はありませんし、大手銀行のクレジットカードなのでなんとなくステータスを感じて嬉しくなりました。

アナログ世代で子供もいないため、我が家にパソコンが導入されたのはほんの3年前のことです。憧れのネットショッピングができると喜び、パソコンの導入とほぼ同時に楽天でクレジットカードを作ってしまいました。もともと、化粧品は通販メーカーのものを使用していましたが、パソコンを導入する前は電話やはがきで注文し、支払は商品と一緒に届く振込用紙を利用してコンビニで振込んでいました。今ではネットで注文、クレジットカードで支払いですから、電話の向こうのオペレーターと話をする必要もないし、支払のためにコンビニに行く必要もありません。ネットショッピングとクレジットカードの組合わせは、私のような出不精でコミュニケーション能力低めの者には最強です。