クレジットカード、海外留学する前に作って以来、同じものを使い続けています。世界中で使えるタイプにしたので、今後海外に行くとしたら役立つでしょう。ただ、日本で使っていると少し違う点があることに気付きます。それは、カードを使った時にほとんどの場合署名をお願いされることです。これって結構手間ではないでしょうか。欧米では暗証番号が基本で、カード社会なのでスラスラとお会計が進みます。便利なのは便利ですが、何故日本で暗証番号制が普及しないのか不思議です。セキュリティの問題もあるのかもしれませんが、それで成り立っている国があるのです。その問題をなくせばより過ごしやすい生活ができると思うので、是非ともこの制度を積極的に取り入れてほしいと思います。

日頃の生活でクレジットカードは存分に活用していますが、特にそのありがたみを感じるのが、実は海外旅行の時です。海外旅行では必要なだけの現金ももちろん持っていきますが、クレジットカードが使える場面では極力カードを使用するようにしています。今までの経験で、ホテルなどで支払いに間違いがあり、カード払いしていたおかげでカード会社が交渉してくれ無事に返金されたというようなことが、少なからずあるのです。もし現金払いしていたら、帰国後の交渉もなかなか難しく、それっきりになってしまうと思います。本当に、カードを使っていて良かったとつくづく思う時です。もちろん海外ではクレジットカードが身分証明書代わりにもなったりと、持っていれば何かと心強い味方です。

ここ1年はクレジットカードをよく利用しています。主に通販や公共料金などの引落に利用しています。それ以前はクレジットカードに抵抗がありました。なぜかというと、クレジットカードで支払うということは「借金」しているようなものだし、なるべく支払いは早くに済ませてすっきりしたほうが気分が楽な気がしていました。また、クレジットカードの悪用なども怖かったです。そんな私がなぜ今はクレジットカードを積極的に使っているかというと、まず一つは、クレジットカードを作るときに特典が付くこと、もう一つはキャンペーンでポイントがたまりやすいこと、さらには通販のときに代引き手数料などがかからないこと。リボ払いやキャッシングの利用はせずにすべて一括払いなので、今のところはメリットしか感じていないです。

前にネットショップを開いていましたが、無料のサイトを使ってホームページを作成しました。その際には、自動的にクレジットカード支払いができる機能が付いてしまうので、どうしようと思いました。というのも、商品が万が一なかった時にクレジットカード支払いをされた方に海外在住の私がどうやって返金すればいいのだろうと考えたからです。ところが、クレジットカードで購入した場合でも、数日間であれば、「返金」というボタンを押せば返金手続きなど手間のかかることは一切無しにお客さんにお金を戻すことができたので、これはすごい便利な機能だなと思いました。ですから、安心してクレジットカード支払い機能をつけてネットショップをやることができました。

ポイント還元という面から言えば、クレジットカードで電子マネーをチャージして使うのがもっとも効果的ななる場合があります。クレジットカードではその種類によって電子マネーのチャージでポイントが付く場合とつかない場合があるので、ポイントが付くクレジットカードは必須です。もっともよい方法はポイント還元率が高いクレジットカードでチャージをすることですが、調べた限りではポイント還元率が高いクレジットカードは電子マネーのチャージでポイントがつかないことが多いようです。逆に電子マネーのチャージでポイントが付くクレジットカードであっても、クレジットカードのポイント還元率が低ければ電子マネーを使う必要がなく、クレジットカード自体のポイント還元率の方が有利という場合も多いです。

クレジット会社最大手の楽天カードを使っています。夫婦二人とも楽天カードなのですが、本当にポイントが助かっています。楽天カードのすごいところは楽天のお店だけでなく、カードを使うだけでポイントが貯まるというシステムです。またポイント還元率も100円で1ポイントなのでなかなか高いと思います。先日ファイナンシャルプランナーと話をする機会があったのですが、銀行にお金を預けたりするよりもカードのポイントなどの方がよっぽど利益が出る、絶対にクレジットカードを上手く使わないと損だ、と言っていました。確かに私の家でも年間でポイントのおかげで数千円得をしていると思います。年会費も無料なのにこのサービスはやはりとてもありがたいです。

クレジットカードのポイントを貯める方法として有効なのはなるべくたくさんの場面でクレジットカードを利用することですが、近頃はクレジットカードが使用できる場面、場所がずいぶん増えてきたように感じます。特に、クレジットカードの特性としてサインが必要であったために、小額決済の場合に利用しにくいという事情がありましたが、かなり店舗で1万円以下の少額決済の場合にはサインが必要でないいわゆるサインレスの店舗が増えてきたことはクレジットカードのポイントと早く貯めるために非常の有効な変化と言えるでしょう。税金や公共料金などのクレジットカードで支払いができることが増えてきましたので、これも極力利用すべきなのはいうまでもありません。

日用品や文具そしてギフト商品を購入するのにロフトという大きな雑貨店をよく利用しているのですが、テーブルなど高額商品の買い物をすることもあるのでクレジットカードを作ることにしました。欲しかった商品のキャンペーン期間がその日で終了してしまいますし、クレジットカードで購入することにより通常価格から割引をしてもらえる特典もあったので、即日クレジットカードを発行してもらう必要がありました。午前中にインターネットで申し込みをすると、すぐにスタッフの方から電話がかかってきました。その後、審査結果のメールが届きカードの発行手続きが整ったという内容でしたので、セゾンカウンターへ本人確認書類や届出印などを持ってクレジットカードを受け取りに行きました。そしてロフトへ立ち寄って以前から目をつけていた家具を、キャンペーン価格からさらに割引してもらう形で購入できたので良かったです。

このごろでは、電話や電気料金といった公共料金の支払いにクレジットカードを利用できるようになりました。我が家でも、携帯電話の料金と電気料金は、夫のクレジットカードを利用して支払っています。そして、その分お得にポイントをためるようにしています。こういった場面でクレジットカードを利用できるようになったことは便利なことだなあと思っています。毎月発生する固定料金をクレジットカードで支払うようにすれば、ポイントがたまるのも早いと考えられます。保険や水道料金については、まだクレジットカードでの支払いはしていません。しかし、こういったものについても、支払方法を変更して、クレジットカードで支払うようにすれば、もっとお得かなあと思っています。

クレジットカードの利用の中で、一番陥り易いのが、返済方式を「リボ払い」にしての購入だと思います。大きな金額の商品を、毎月少しづつ、少額で返済出来るので、安易に利用される方も多いのではないでしょうか。カード会社によっては、「いつでもリボ宣言」なるキャンペーンで、リボ払い専用のカードにすることで、ポイントをプレゼントするといったことから、リボ払い専用にしてしまった方も多いでしょう。しかし、この少額の返済であるリボ払いの為に、なかなか利用残高が減らず、また重ねるように残高が積み上がっていき易い状況となってしまうスパイラルの罠に陥り易いのです。他の、回数払いや、ボーナス払いと異なり、リボ払いには高い利息(リボ払い手数料)が掛かります。多くは15%ほどです。利息15%というと、カードローンの利息に近いものです。本来は、計画的に十分注意して利用すべきなものが、クレジットカードのリボ払いです。