前にネットショップを開いていましたが、無料のサイトを使ってホームページを作成しました。その際には、自動的にクレジットカード支払いができる機能が付いてしまうので、どうしようと思いました。というのも、商品が万が一なかった時にクレジットカード支払いをされた方に海外在住の私がどうやって返金すればいいのだろうと考えたからです。ところが、クレジットカードで購入した場合でも、数日間であれば、「返金」というボタンを押せば返金手続きなど手間のかかることは一切無しにお客さんにお金を戻すことができたので、これはすごい便利な機能だなと思いました。ですから、安心してクレジットカード支払い機能をつけてネットショップをやることができました。

ポイント還元という面から言えば、クレジットカードで電子マネーをチャージして使うのがもっとも効果的ななる場合があります。クレジットカードではその種類によって電子マネーのチャージでポイントが付く場合とつかない場合があるので、ポイントが付くクレジットカードは必須です。もっともよい方法はポイント還元率が高いクレジットカードでチャージをすることですが、調べた限りではポイント還元率が高いクレジットカードは電子マネーのチャージでポイントがつかないことが多いようです。逆に電子マネーのチャージでポイントが付くクレジットカードであっても、クレジットカードのポイント還元率が低ければ電子マネーを使う必要がなく、クレジットカード自体のポイント還元率の方が有利という場合も多いです。

クレジット会社最大手の楽天カードを使っています。夫婦二人とも楽天カードなのですが、本当にポイントが助かっています。楽天カードのすごいところは楽天のお店だけでなく、カードを使うだけでポイントが貯まるというシステムです。またポイント還元率も100円で1ポイントなのでなかなか高いと思います。先日ファイナンシャルプランナーと話をする機会があったのですが、銀行にお金を預けたりするよりもカードのポイントなどの方がよっぽど利益が出る、絶対にクレジットカードを上手く使わないと損だ、と言っていました。確かに私の家でも年間でポイントのおかげで数千円得をしていると思います。年会費も無料なのにこのサービスはやはりとてもありがたいです。

クレジットカードのポイントを貯める方法として有効なのはなるべくたくさんの場面でクレジットカードを利用することですが、近頃はクレジットカードが使用できる場面、場所がずいぶん増えてきたように感じます。特に、クレジットカードの特性としてサインが必要であったために、小額決済の場合に利用しにくいという事情がありましたが、かなり店舗で1万円以下の少額決済の場合にはサインが必要でないいわゆるサインレスの店舗が増えてきたことはクレジットカードのポイントと早く貯めるために非常の有効な変化と言えるでしょう。税金や公共料金などのクレジットカードで支払いができることが増えてきましたので、これも極力利用すべきなのはいうまでもありません。