クレジットカード、海外留学する前に作って以来、同じものを使い続けています。世界中で使えるタイプにしたので、今後海外に行くとしたら役立つでしょう。ただ、日本で使っていると少し違う点があることに気付きます。それは、カードを使った時にほとんどの場合署名をお願いされることです。これって結構手間ではないでしょうか。欧米では暗証番号が基本で、カード社会なのでスラスラとお会計が進みます。便利なのは便利ですが、何故日本で暗証番号制が普及しないのか不思議です。セキュリティの問題もあるのかもしれませんが、それで成り立っている国があるのです。その問題をなくせばより過ごしやすい生活ができると思うので、是非ともこの制度を積極的に取り入れてほしいと思います。

日頃の生活でクレジットカードは存分に活用していますが、特にそのありがたみを感じるのが、実は海外旅行の時です。海外旅行では必要なだけの現金ももちろん持っていきますが、クレジットカードが使える場面では極力カードを使用するようにしています。今までの経験で、ホテルなどで支払いに間違いがあり、カード払いしていたおかげでカード会社が交渉してくれ無事に返金されたというようなことが、少なからずあるのです。もし現金払いしていたら、帰国後の交渉もなかなか難しく、それっきりになってしまうと思います。本当に、カードを使っていて良かったとつくづく思う時です。もちろん海外ではクレジットカードが身分証明書代わりにもなったりと、持っていれば何かと心強い味方です。

ここ1年はクレジットカードをよく利用しています。主に通販や公共料金などの引落に利用しています。それ以前はクレジットカードに抵抗がありました。なぜかというと、クレジットカードで支払うということは「借金」しているようなものだし、なるべく支払いは早くに済ませてすっきりしたほうが気分が楽な気がしていました。また、クレジットカードの悪用なども怖かったです。そんな私がなぜ今はクレジットカードを積極的に使っているかというと、まず一つは、クレジットカードを作るときに特典が付くこと、もう一つはキャンペーンでポイントがたまりやすいこと、さらには通販のときに代引き手数料などがかからないこと。リボ払いやキャッシングの利用はせずにすべて一括払いなので、今のところはメリットしか感じていないです。