現金の代わりになるクレジットカードは、1度でも使うと手放せなくなります。実店舗やネットショップ等での決済に時間がかからなく、非常に便利なカードなのです。紙でできているお札や金属でできている硬貨は、持ち運びに不便なものです。財布の中に入れることの数が限られています。あまりに多く入れすぎると嵩張り、出し入れするのが煩わしく感じてしまうのです。クレジットカードであれば、このような不愉快な思いをすることはありません。決済するときに必要なのはクレジットカード1枚だけです。他にはなにもいりません。金額の大小を意識することなく自由に買い物をすることができます。私はクレジットカードを使うようになって20年近く経っています。今後も変わらず、クレジットカードを使い続けていくつもりです。

以前はクレジットカードのポイントはカード会社が定めた賞品の中から選んで交換するだけでした。それが航空会社のマイルと交換できるようになり、カードの支払い費用に充当出来たり、さらには他社のポイントとも交換できるようになって来ました。最初のころは賞品を選んでいましたが、最近は特に欲しいものが無いので、他社のポイントに交換しています。私が使っているカードは、カードの支払に充当すると1ポイント3円ですが、私が良く使う他社のポイントへは1ポイント3.5円になります。それが、知らないうちに交換できるものが増えていて、今は1ポイント4.5円のところに交換しています。別段、お知らせがあったわけではなく、ネットで見ていて運よく見つけることが出来ました。情報収集していないと損をするところでした。

クレジットカードを利用する便利さは、単純に現金を使用することなくショッピングができることや、決済を簡単に済ませることができる以外にもあります。それは、クレジットカードのポイントを利用することができるということです。クレジットカードにはそれぞれポイントがあり、そのポイントを使用することで金券に交換することができたり、実際にショッピングをすることもできます。クレジットカードのポイント還元率に注目することで、さらにお得に利用できます。ポイント還元率とは、クレジットカードで使用した金額に合わせて手に入るポイントのことです。このポイント還元率が少しでも高いクレジットカードは、もらうことができるポイントが多いです。