中高年の方の中には、“現金派”の人はまだまだ多いようです。クレジットカードは、日本においてはまだまだ普段使いする人は少ないような気がします。スーパーやドラッグストアなどの支払いでクレジットカードを使う人は、あまり見かけません。でも、どんどん使っていくべきです。現金ではなくカードで支払いをしていくべきです。なぜか。クレジットカードは、使えば使うほどお得だからです。ポイントやマイルが貯まったり、カードの付帯サービスが受けられたり、海外旅行の保険が付いてきたり。これらは現金派の人たちには受けられないカードの恩恵です。さぁ、明日から。あなたも毎日の買い物のの支払いに、クレジットカードを使ってみてはいかがでしょうか。

現在ではクレジットカードは世界中で広く使われています。その中にはクレジットカードを持たない人も当然います。彼らはなぜクレジットカードを持たないのか少しその心情を考察してみました。まず第1に持つのが『怖い』からだそうです。実際に持ってしまえば越したことはないですが、クレジットカードの魅力にハマってしまいその結果、自己破産をしまうことを恐れているのです。第2に、万が一盗まれたりしたら困るからです。そうなるとクレジットカード会社に利用停止に関して電話をしなければならないし、色々と手続きが面倒だからなのです。他にも細かな理由は各々ありますが、大まかな理由が上の2大要素なのです。マイナス面が大きいのなら、最初から作らなければいいと言う考え方が生まれるのも当然なわけで、それがクレジットカードを作らない人の理由の大きな根幹となっているのです。

クレジットカードを作るとき気になるのが年会費の有無です。今は年会費の無いカードも増えましたし年間~円以上のご利用で年会費無料など実質年会費のかからないカードも多くあります。それでも年会費のかかるクレジットカードは存在しますよね。ステイタスや付随サービスが充実しているからでしょうか。友人の話なのですが、初年度は年会費無料だったけど次年度から年会費がとられるので、カードを解約しようとカード会社に電話をしたそうです。正直に「年会費がかかるので」と理由を伝えたら少し待たされた後「~様は大変ご利用頂いているので次年度も無料にしますがいかがでしょうか?」と言われたそうです。そんなこともあるんだな~と思いつつ私はやっぱり年会費のかからないクレジットカードしか作らないな…と思いました。